背中にきびと水泳

背中にきびを治す方法には、薬を使ったものや生活習慣や
食生活を改善するといったものがあります。

その中でも、最近話題を集めているのが、水泳を行うというものです。
一般的に、塩素が入っているプールに入ると、背中にきびは
悪化してしまうと思われがちですが、実際には悪化させて
しまうどころか、にきびを治す効果まであると言われています。

プールに入ることによって、肌と水がふれます。
それによって肌に蓄積されている余分な皮脂や脂が残らず、
洗い出されます。

その結果、にきびなどを防ぐことにつながっています。
一方で、水泳をしてしまって、背中にきびが悪化してしまったという
事例もあります。

一般的に、そのような場合には、泳ぎ過ぎやそれにより
疲労が原因であると言われています。

しかし、慣れてくると体力もついてくるため、疲れにくくなり、
にきびもできなくなっていきます。

プールを使用する際には、適度な時間を心がけ、シャワーを浴びます。