意外と知られていない背中にきびとストレスの関係

背中にきびはストレスが原因で発生することもあります。
慢性的なストレスは自律神経、ターンオーバーなどの
バランスを崩します。

脂肪の燃焼がスムーズにいかなくなると、皮脂の分泌が増えて
背中にきびを引き起こすことがあります。

ストレスは身体の機能を低下させます。
肥満、脂質異常症などの症状も、悩みや不安を抱えて生活していると
発症しやすくなります。

悩みや不安を解消するコツは、とにかく十分な睡眠を取ることです。
非常にシンプルな対策ですが、これ以上効果的な方法はありません。

サプリメント、適度な運動なども効果的ですが、質のよい睡眠を
確保することが最も大切なのです。

1日8時間以上の睡眠を確保し、さらに早寝早起きを意識しましょう。
就寝時刻が遅くなるほど、心身が高ぶって入眠しにくくなるのです。

イライラが収まらない場合、自律神経のバランスも崩れています。
交感神経が優位に立ち、気持ちが落ち着かない状態です。

この状態を放置しておくと、背中にきびを増やすことになります。