ニキビケアの日に合わせてニキビ治療をチェック

7月27日の「ニキビケアの日」はしっかりとニキビをなくそうという語呂合わせや、夏は特にニキビが出来やすいシーズンであることから株式会社DHCが制定した特徴を持っています。

ニキビには思春期に出来やすいものと、大人になってから出来るものがあり、それぞれ症状が出る原因やニキビ治療は大きく異なるといわれています。

ニキビケアを見直す

特に思春期ニキビと呼ばれる症状は、脂腺の成長に伴い皮脂が活発に作られやすくなっている状態に、ホルモンバランスが安定しないことで過剰に皮脂分泌されてしまうことが原因です。

特に鼻やおでこは皮脂量が特に多くなりがちな場所のため、いわゆるTゾーンや胸元、背中を中心にニキビが発生します。

大人になってから出来るニキビは、思春期とは異なり肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れることで起こることが多いです。古い角質が排出されずに毛穴を塞いでしまうことで、内部で発生した皮脂が蓄積しニキビに発生します。

そのためニキビが出来る年齢によって適切なニキビ治療を心がける必要があります。実際にインターネット上では、ニキビケアが行えるスキンケアアイテムの口コミやクリップ数など、多くの方がニキビケアに真剣に取り組んでいることがわかってきています。

繰り返すニキビにはケア方法を見直すことが大切

顔や体に出来るニキビの大半は、肌を清潔に保つように心がけていれば悪化することなく自然治癒する場合が多いです。しかしニキビが繰り返し肌に出来てしまうと悩んでいるなら、一度自分が行っているニキビ治療やケア方法を見直すことが重要になります。

まず思春期などに出来るニキビなら、皮脂の過剰な分泌が毛穴に詰まってしまうことが原因のため、自宅で行うお手入れ方法としては洗顔などをこまめに行い、肌を清潔に保つことが第一です。

肌を清潔に保つ

また日中は脂取り紙などで過剰な皮脂を取り除き、ニキビの原因となる油っぽい食事は控えることが重要となります。最近では殺菌効果のたかいアクネ化粧品なども販売されているので、普段のスキンケアに取り入れると高い効果を得られます。

大人ニキビの場合は、肌が乾燥して潤いが不足することも影響を与えるので、普段のスキンケアで潤いを十分に与えて乾燥を防ぐように心がけます。

洗顔時はゴシゴシ摩擦を与えないように十分に洗顔料を泡立てて、洗顔後は化粧水や乳液を使用し保湿ケアを十分に行いましょう。ストレスや睡眠不足も原因となるため、日々の生活習慣を改善こともニキビ治療の一環として重要になります。

もしセルフケアで改善しないようなら、皮膚科に相談をして適切なニキビ治療を受けることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)